コノハコトノハとぽんこつチョップ

0

     

    こんばんは!

    コノハコトノハです。

     

     

    先日20日、

    劇団ぽんこつチョップさんとの

    第一回目の稽古がありました*

     

    稽古といってもこの日は

    演劇をする上での基本を

    ワークショップのような形で

    教えていただきました!!

     

     

    ですがお芝居初挑戦の私としては

    もう、なんというか、目から鱗状態で

    演劇って大変。。。と思うと同時に

     

    やっぱり、ぽんこつチョップすごいなあ、、

    と、ただただ思うばかりでありました(゜゜)

     

    4月20日本番まで、とにかく頑張ります!!

     

     

    そしてせっかくなので、
    ぽんこつチョップとのことなど

    綴ってみようかなと思います*

     

     

    彼らと出会ったのは2年ほど前。

     

    お芝居×音楽のコラボイベントで、

    たまたまペアを組んだところから始まりました。

     

    このイベントはミュージシャンの曲を題材にお芝居を制作

    当日お芝居の公演の中で主題歌として題材曲を歌う

    というもので、当時コラボ公演に興味を持っていた私には

    とてもありがたいお話だったので出演を決めました。

     

     

    しかし、その想像や興味を遥かに超えて

    ぽんこつチョップとの出会いは衝撃的でした。

     

    まず、「演劇」というものに対して

    私が持っていたイメージや概念を

    完全に覆されました。

     

    演劇って、ちょっと見に行くにも敷居の高い印象があって

    内容も固めの小説を読み進めるように淡々と進んでいくような。

     

    でもそんなんじゃなくて、

    笑って泣けて、分かりやすくて。

     

    そしてお2人の演じる勢いがすごい。

    気迫というか、なんというか圧倒されます。

     

    そして踊るし、多分アドリブの部分もあって、でも適当ではない。

     

    ものすごいエンターテイナーだなあという第一印象でした。

     

     

     

    そこから何度かぽんこつチョップと共に

    そのイベントに出演させていただく中で、

    引き出しの多さとか、賢さの部分を知りました。

     

    どこまで、どれだけの知識と案があるんだろう、

    この人たちと一緒に何もないところから

    作品をつくれたらどれだけ面白いか。

     

     

     

    それと同時に、私とはまた表現の根本のタイプが

    きっと違うであろうことにも気づきました。

     

    だから正直難しそう。でも、面白そう。どうなるかなあ。

    今回はExhibisionもいるし、まさに実験。大実験。

     

    でも面白そうでしょ、そうでしょう!!

     

     

    ぽんこつチョップのお芝居は本当に素晴らしい。

     

    笑えるのに泣けて、面白いのにテーマはシリアス。

     

    演目が終わった後に残る冷たく突き放された感覚と

    ずっしりした重みのある人間くさい温かさ。

     

    どうしてそれが共存でき得るのか、

    私にはまだまだとても不思議です。

     

     

    今回は四季公演ということで

    春・夏・秋・冬・そして再春で、物語は完結します。

     

    その物語はお芝居を軸に進んでいきますが

    それがどんな展開を迎えていくのか、

    またその中に私やExhibisionがどう存在していくのか、

    今からとても楽しみです。

     


    Exhibision

    0

       

       


       

       

      神戸出身の映像クリエーター田辺麻衣、有安ありによる
      映像ユニットExhibision(エキシビジョン)。

      2013年 ブログで知り合い、意気投合。約半年後の2014年3月に、自主イベント「田辺麻衣×有安あり Exhibision」を立ち上げ、第1回公演を成功させる。

      日頃はお互いに別々の仕事をしており、それぞれが活動を行なっている。

      田辺は音楽好きを生かし、某音楽教室に勤務しながら、映像制作、VJによるステージ演出、楽曲制作、ピアノ弾き語り演奏活動などを行う。

      有安は映像制作会社に勤務しながら、個人で自主制作としてスクリーンでの上映の他、ギャラリーで展示上映をアート映像作品も複数制作をしている。また、物語の執筆、脚本も手がける。



      「見る」だけでなく「感じる」映像をモットーに作品作りを行い、「仕事=公式記録」ではない作品(Exhibition)、映像(vision)を、様々なものと掛け合わせることにより、様々なコラボで新しいエンターテイメントを発信していく。


      Exhibision
      HP:https://exhibision.info/
      twitter:@Exhibision_info


      田辺麻衣
      HP:http://maingagain.com/
      Twitter:@info_maingmovie
      YouTube:http://www.youtube.com/user/MAINGAGAIN/

      有安あり
      HP:http://www.a-utsuwa.info/
      Twitter:@ariysan

      Movie:https://www.a-utsuwa.info/ariyasu-movies/

       

       


      ぽんこつチョップ

      0

         

         

         

        ぽんこつチョップです。


        「ビターな日常をポップに描く」を軸に活動している演劇集団。
        脚本、演出、振付など主宰(リーダー)「星村 彰」
        女優、web担当「ばんち。」
        幽霊部員「山本マキシマム太郎」

        上記3人で構成している。

         

        3人共々別ジャンルの表現活動を行っており
        ぽんこつながらもチョップを絶えず打ち続けている。

         

         

        【2016年】

        ライブハウスclubMERCURYにて

        定期イベント「ぽんこつチョップと!」計6公演

        度重なる満員御礼の内に幕を閉じる。

         

        【2017年】

        定期イベント第二幕として

        「ぽんこつチョップの乱」を開催。

         

         


        各ステージ動員30名を下回った時点で打ち切り!
        目標達成した暁には12月に念願の本公演を打つことを目標として
        自らの首を絞め続けている。

         

        HP☆http://ponkotuchop.crayonsite.net/

        Twitter☆https://twitter.com/ponkotuchop

         

        みんなも一緒にレッツ★チョップ!

         


        【公演情報】コノハラボ定期四季公演「しきうつり -春-」

        0

           

          コノハラボ 定期四季公演
          「しきうつり -春-」

          作・演出・振付 星村 彰(ぽんこつチョップ)
          映像 Exhibision


           

          【CAST】
          コノハコトノハ
          ばんち。(ぽんこつチョップ)

          星村 彰(ぽんこつチョップ)

           

           

          【STORY】


          振り向くと、全ての時が止まった。

          もう二度と出会えない気がした
          もう一度会いたいって思った

          きっとこれは<運命>なんて言葉じゃなくて
          もっと大きな<必然>なんて感覚に囚われる

          子供の頃に見た一枚の写真。
          それが頭から離れず、大人になった今でも鮮明に覚えてる。
          私も、そういう事をしたい。
          いつまでも覚えててくれるような、そんなモノを作りたい。

          会社も辞めた
          親にも怒られた
          応援してくれる人なんて誰もいなかった

          それでも私は、あの時の時間を進めて見たかったんだ。
          誰かの心を奪ってみたかったんだ。

          四季が織り成し、運命が笑う。
          シキとウツリの止められない物語。

          「ほんの少しの奇跡、あなたは信じられますか?」

          世界でたった一つの、私の作品(モノ)。

           

           

          ↓↓↓公演概要↓↓↓


          コノハコトノハ

          0

             

            コノハコトノハ

             

             

            自然派日常うたうたい。
             
            香川県高松市出身、兵庫県神戸市在住

            ピアノ弾き語りシンガーソングライター。

             

            流れゆく時の中に残された感情と

            ”今”という衝動の狭間に漂う

            不思議な空間と時間。

             

            色彩と旅と物語。唄声は心の色。


            神戸を拠点に全国各地
            唄をうたって旅をしています。

             

            その傍ら関西ではコラボ公演に力を入れ
            音楽以外の表現者たちと
            共に生み出す新しい世界を創造中。


            HP:https://konohakotonoha.jimdo.com/

            twitter:コノハ コトノハ@konoha_kotonoha
            facebookページ:コノハコトノハ

             

             

             

            MV「心の声」

            制作:Exhibision田辺麻衣

             

             

            MV「蒼」

            制作:Exhibision有安あり


            コノハラボとは?

            0

               

              どうもこんにちは!

              コノハラボの首謀者、唄うたいのコノハコトノハです。

               

              今日は「コノハラボ」についてご説明したいと思います!

               

               

              コノハラボとはなんなのか。

               

              一言で表すと

              コノハ(コノハコトノハ)+コラボ(コラボレーション)+ラボ(実験)

              の造語で、この公演を行う団体名にあたります。

               

               

              基本的には、コノハによるコラボという実験、と思ってください。

               

               

              では、何がコラボしているのか。

               

              主軸となるのは

               

              私、コノハコトノハの音楽

              劇団ぽんこつチョップによるお芝居

              映像ユニットExhibisionによる映像

               

              の、3つの表現世界です。

               

               

              それぞれの自己紹介やこの2組との馴れ初めなどは

              また次回以降お話することにしまして(書いてたら長くなり過ぎたので)

              ひとまず「コノハラボ」という団体を覚えておいてください!

               

               

              ここから一年間、プロジェクト公演をお届けしようと思っています。

               

              公演づくりという中で、誰も主役でなく脇役でもない。

              そんなステージを目指しています。

               

               

              私たちも仕上がりの見えない大実験。

              実験結果は公演日当日にはっきりするでしょう(笑)

               

              ぜひ、その目でお確かめください!

               

               

              (2016年7月の旗上げ公演より)

               

               

              会場にてお待ちしております*

               

               

               

              コノハラボ

              コノハコトノハ


              | 1/1PAGES |